不眠症の原因と対策方法TOP > 不眠症の対策法とは? > 不眠症とうつ病について

不眠症とうつの症状

 

不眠症とうつ病は、よく聞く組み合わせです。

うつ病というのは、脳内のセロトニンという神経伝達物質が少ないために引き起こされます。セロトニンは神経の興奮を鎮める鎮静性の物質なので、これが少ないと気分に障害が生じて、その結果、寝つきにくいことになります。

不眠症とうつを考えるとき、このセロトニンという物質がキーワードになります。
セロトニンは、それ自体を食事から摂取することはできません。まず必須アミノ酸であるトリプトファンという形で取り込み、それを脳内の松果体で、セロトニンに分解して合成するのです。

問題はセロトニンの分泌量が少ないために、メラトニンの分泌量も少なくなるという点です。トリプトファンはまずセロトニンに分解され、それがさらにメラトニンに分解されるからです。ですからセロトニン分泌に問題があるうつ病においては、当然メラトニン分泌にも問題が生じ、不眠症になることになります。

メラトニンは睡眠ホルモンと呼ばれ、眠気をもよおして入眠を促したり、睡眠を一晩中持続させる働きがあります。そのためメラトニン分泌に問題があるうつ病の患者さんは、寝つきにくく、寝入ったとしても途中で、すぐに目覚めてしまうようになります。

不眠症とうつ病の問題では、患者さんは不眠自体を悩むということは少ないようです。うつ病の患者さんにとって、不眠は症状の一部に過ぎないといえます。そのほか抑うつ感、食欲がない、頭痛・便秘などの様々な症状が伴います。日中は落ち込んでいるように見えても、夕方から急に元気になるなど、気分の抑揚が激しくなります。この気分の変化に、セロトニンの不足がかかわっていると考えられます。

気分的に変動が大きいということは、絶望感にまで落ち込む危険があるということ。そのため自殺行為に至ることもあるのです。こういった危険を伴ううつ病は不眠症だけの問題ではなく、うつ自体を早期に治療することが大切です。

 

不眠症はうつにも、悪影響を与えます。
なぜなら睡眠が不足すると、精神疲労を回復させるレム睡眠が減少してしまうからです。普通の人でも、浅いレム睡眠を十分に取ることによって、うつ病を予防しています。そのため睡眠不足が続くと、うつ症状が現れるようになります。もともとうつ病ではなかった人が、仕事で徹夜が続き、精神的に追い詰められて自殺したという事件がありましたが、そういう理由によるのです。

うつ病は不眠症を引き起こし、寝れないことは、ますますうつを悪化させる・・・こういう悪循環にならないためにも、不眠症の原因であるうつ病自体の治療を優先させるべきです。

そのため不眠症とうつ病がある場合、睡眠薬(睡眠導入剤)というよりも、カウンセリングや抗うつ薬を主体に治療していきます。しかし医師に頼りきっていると、ずっと薬を飲まされるはめになることもあるようです。

うつ病対策の方法

自分でできる不眠症やうつの対策法としては、有酸素運動や食べ物をよくかんで食べるなど、単調な動きを心がけるといいといわれています。単調でリズミカルな運動は、セロトニンを増やすからです。日光に当たることもセロトニンを増やすので、昼間に外をウォーキングすると、一石二鳥ですね。

またトリプトファンが含まれる牛乳や大豆、バナナを摂取するといいでしょう。味噌には、抗うつ薬としても使われているメチオニンというアミノ酸が含まれています。そのため味噌汁など、味噌を使った料理を多くすることも、ひとつのうつ病対策です。

不眠症の原因と解決法が書かれています↓
>> 不眠症で悩まずにぐっすりと眠る方法

  ( 不眠解消サプリはこちら