不眠症の原因と対策方法TOP > 不眠症の対策法とは? > 不眠症と睡眠薬について

不眠症と睡眠薬の関係

 

不眠症と睡眠薬について、解説したいと思います。

夜眠れない夜には、不眠症の原因を追究して、いろいろな安眠対策をするものです。しかし、それでも寝付けないとき、睡眠薬に頼るということになります。

睡眠薬には二つある

不眠症の睡眠薬といっても、大きく二つに分かれます。
一つはドラッグストアで販売されている睡眠改善薬。グッスミンやドリエルなどですね。漢方薬もあります。これは医師に処方される薬よりは、効果がゆるやかになっており、その分副作用も少ないものです。ただ用法、用量は決められていますので、きちんと守ることが大切です。全身の血行を改善し、緊張をほぐし、神経を鎮め、眠るための準備を整えるという役割になります。

いっぽう不眠症の睡眠薬には、医師が処方する睡眠導入剤があります。
これは現在、抗不安薬であるベンゾジアゼピン系の睡眠薬が使用されています。感情を起こす元である大脳辺縁系を落ち着かせる作用が主体です。抗不安薬という名前からも分かるように、余計な不安やストレスを取り除くわけです。脳幹には作用しないので、とても安全な薬となっています。

昔の睡眠薬とアルコール

昔の不眠症に対する睡眠薬は、バルビツール系の薬剤で、脳幹に直接作用していました。量を守って服用する分には安全なのですが、耐性ができてしまうので、どうしても量をオーバーするということがよくありました。そうなると脳幹に過度に作用して、血圧降下や呼吸が苦しくなるなどの副作用があったのです。そのため自殺目的で使われて、マイナスイメージが持たれることになりました。

でも現在、不眠症の睡眠薬は前述したように、抗不安薬のベンゾジアゼピン系の睡眠導入剤。そのほか抗ヒスタミン剤もあります。専門家に言わせると、アルコールよりも安全であるといいます。

お酒は、少量なら睡眠に役立ちますが、すぐに耐性がついてしまい、量が多くなりがちです。そうなると、だいたい1ヶ月で深い睡眠が減少してしまい、成長ホルモンの分泌減少によって、免疫力が低下します。そのほか肝機能障害などを引き起こしがちなのです。やがて手放せなくなり、アルコール依存症となりかねません。

現在の睡眠薬でも、使用法を誤ると危険

もちろん現在の不眠症の睡眠薬といえども、慢性的に使用していると、耐性がついてきて手放せなくなることもあります。これを薬剤依存性といいます。これはどの薬でもいえることです。医者をはしごして、複数の睡眠導入剤を隠れて大量に飲んでいる人もいます。いわゆるドクターショッピングですね。

こうなると事態は深刻で、かなりの薬剤依存性がついてしまい、薬物依存性睡眠障害になってしまいます。つまり睡眠薬を長期間使用したために、かえってひどい不眠症状を招いてしまうのです。これでは何のための睡眠薬かわかりませんよね。いったんこの症状になると、お酒と同じで無理にやめさせようとすると禁断(離脱)症状が起きて、不眠が深刻化します。これを薬剤離脱性不眠といいます。

いくら安全な不眠症の睡眠薬といえども、医師の指示に従って使用することが大事なのです。

不眠症の原因と解決法が書かれています↓
>> 不眠症で悩まずにぐっすりと眠る方法

  ( 不眠解消サプリはこちら