不眠症の原因と対策方法TOP > 不眠症の対策法とは? > 不眠症と漢方薬ついて

不眠症は漢方によっても改善できる

 

不眠症に漢方薬を使うという方法もあります。

不眠症というと、一般的には西洋医学の睡眠薬を処方します。
現在では、抗不安薬であるベンゾジアゼピン系の睡眠導入剤が主流ですね。そのほか抗ヒスタミン剤も使われます。これは眠れないという症状そのものを解決しようとする考え方です。そのため、直接的な不眠症の原因となっている大脳辺縁系の興奮を鎮めようとするわけです。このさい、もっと根本の不眠症の原因に、たとえ冷え性や肩こり、頭痛が関わっていたとしても、それに目を向けようとはしません。

漢方とは、いうまでもなく東洋医学であり、西洋医学とは考え方が根底から異なります。西洋医学では、患者の病気を部分的にとらえて、対症療法的に対処する特徴があります。前述の、不眠症に睡眠薬もそうですね。いっぽう漢方である東洋医学は、患者の心身の不調を全体的な視野で捉えようとします。体全体の調子を整えることによって、部分的な不調も治していこうとするわけです。

不眠症に漢方薬を使う場合も同様です。
夜眠れないという現象にとらわれるのではなく、その背後にある血行不良、低体温、むくみ(水毒)などを解決しようとします。

不眠症に効く漢方では、まず問診を行ないます。
これによって、患者さんに現在どのような症状があるのかを見極めます。そして医師が患者さんの体質とか体力を勘案して、生薬を調合していきます。患者さんによって、もちろん現れる症状は千差万別ですから、調合される漢方薬の組み合わせも、それこそ千差万別となります。

不眠症で漢方薬をもらいにくる患者さんは、根底に自律神経失調症がある場合があります。原因不明の心身の症状の原因に、この自律神経の乱れが潜んでいることがあるのです。不定愁訴などですね。不眠もそのうちの一症状として現われているわけです。この場合、たいては西洋医学では原因不明とされ、お手上げ状態となります。

西洋医学では、臓器などの器官系ごとに対処することには長けていますが、全体的に現われてくる症状を治すことは不得意なのです。たとえば食欲不振、便秘、腹痛、冷え性、のぼせ、めまい、イライラ、疲労感、動悸、眼精疲労、頭痛、肩こりなどですね。

まさに自律神経失調症からくる不眠症に、漢方薬はぴったりといえます。
この場合、不調の現われ方は人それぞれ。その症状にあわせて、生薬を調合できるので、どのような症状であっても対応できるのです。

不眠症への漢方薬は、即効性が高いといわれています。
西洋医学ではお手上げ状態の症状に対しても、確実に効果が現われます。患者さんの諸症状にぴったりと合っていれば、早ければ2日から3日で効果を実感できるようです。

不眠症の原因と解決法が書かれています↓
>> 不眠症で悩まずにぐっすりと眠る方法

  ( 不眠解消サプリはこちら