不眠症の原因と対策方法TOP > 不眠症の対策法とは?

不眠症対策の方法について

 

不眠症の対策を考えてみたいと思います。

まず不眠ということですが、もちろん夜寝付けないということが、もっとも多い訴えになります。入眠困難ですね。寝床に入ったものの、30分、1時間、あるいはそれ以上、眠れないで布団のなかで悶々とする。この不眠症になると、明日早起きしなければならない場合、睡眠時間が短くなって、寝不足になります。そうでないにしても、朝寝坊につながりますし、時間の無駄遣いになってしまいます。

この場合の不眠症対策としては、寝床に入ってから安眠法を試しても、あまり効果がないことが多いといえます。寝ようともがけばもがくほど、反対に目が冴えて寝付けなくなったりします。これは、緊張して血圧や心拍数が上昇するため。不眠対策は、寝床に入るまでに終わらせておく必要があります。ここが大事なポイントです。

不眠のタイプには、入眠困難のほかに、夜中に2回以上目覚めて、それ以上眠れない中途覚醒。朝早く目覚めて、それ以上眠れない早朝覚醒。十分な睡眠時間は確保されているのに、寝た気がせず眠気を感じる「熟眠困難(睡眠状態誤認)」があります。いずれも同様の不眠対策によって、改善に向かう可能性があります。

 

不眠症の対策方法のポイントとして、布団に入る前の対策が大事だと述べました。大きく分けると、朝、昼間、寝る2、3時間前の、それぞれの時間帯の過ごし方で、それぞれ対策する必要があります。

不眠症の対策として、朝はできるだけ早起きして、太陽の光をしっかり浴びましょう。そうすることで、脳内の松果体から睡眠ホルモンであるメラトニンの分泌がストップします。このときに体内時計は25時間から24時間へと修正されるのです。人は太陽の光を浴びてから14〜16時間後に眠くなる習性があるので、安眠対策としてとても重要です。また朝食をしっかり摂ることも、脳の目覚め度を上げることに。

不眠症の対策法として、昼間はできるだけ太陽の光に当たったり、体を動かすようにすると、夜になって眠気が出てくるようになります。それはストレスホルモンが睡眠物質へと分解されるからです。反対に家のなかでテレビばかり見ている人は、夜に眠れないことが多くなります。これが精神生理性不眠の原因だったりします。

最後に不眠対策として、寝る2、3時間前の過ごし方が大事です。
まず夕食は寝る3時間前までに、済ませましょう。そうすれば胃腸の活動によって、睡眠が妨げられることがなくなります。出来れば寝る前の4時間くらいは、ものを食べない方がいいでしょう。

さらに寝る2時間前の運動と入浴が、心地よい眠りを約束してくれます。
夜の8時ごろは朝型の人の場合、体温がもっとも高い時間帯。このとき有酸素運動やお風呂に入って体温をさらに上げておくのです。そうすると約2時間後に、いつもよりも体温が下がりやすくなり、深い眠りに入っていけるようになります。反対に寝る直前の運動とフロは、不眠症の原因となるので要注意です。

このように不眠症の対策としては、布団に入るまえに準備を終えていることが大切です。朝、昼間、寝る2,3時間前、この三つに分けて安眠方法を考える必要があるのです。その上で、寝る前の安眠CDやアロマテラピーは、心地よい眠りを促してくれることでしょう。

不眠症の原因と解決法が書かれています↓
>> 不眠症で悩まずにぐっすりと眠る方法

  ( 不眠解消サプリはこちら

眠れない夜


不眠症とうつ病について

不眠症とうつ病は、よく聞く組み合わせです。うつ病というのは、脳内のセロトニンという神経伝達物質が少ないために引き起こされます。セロトニンは神経の興奮を鎮める鎮静性の物質なの...

不眠症にアロマを活用しよう

不眠症にアロマが役立つことがあります。もちろんアロマテラピーをすれば、かならず眠れるというわけではありませんが、日中の緊張をほぐし、心身をリラックスさせる効果は期待できます...

不眠症と睡眠薬について

不眠症と睡眠薬について、解説したいと思います。夜眠れない夜には、不眠症の原因を追究して、いろいろな安眠対策をするものです。しかし、それでも寝付けないとき、睡眠薬に頼るという...

不眠症のグッズって?

不眠症のグッズは、夜寝付けないとき、まっさきに思いつくのではないかと思います。できるだけ病院の精神科には行きたくないし、危険なイメージがある睡眠薬も飲みたくない。その前に、安価な不...

不眠症の悩みは深刻

不眠症の悩みは、当人にとってはかなり深刻です。一日寝ないだけでも、頭はボーッとし、体も微熱が出てきて調子が悪くなります。私も、昔は一睡もできずに仕事に行くということが、何度...

睡眠障害と不眠症について

睡眠障害と不眠症の違いとは?睡眠障害と不眠症は、どういった違いがあるのでしょうか?結論から言うと、睡眠障害とは最も大きなくくりで、不眠症はその一症状ということになり...

不眠症と漢方薬ついて

不眠症に漢方薬を使うという方法もあります。不眠症というと、一般的には西洋医学の睡眠薬を処方します。現在では、抗不安薬であるベンゾジアゼピン系の睡眠導入剤が主流ですね。そ...

不眠症と自律神経の関係とは?

不眠症は自律神経が必ず関わっています。不眠症の原因に関わる自律神経について見ていきましょう。自律神経とは?まず自律神経とは、人間の恒常性を維持するための、生命自...

 

不眠症の原因と解決法が書かれています↓
>> 不眠症で悩まずにぐっすりと眠る方法

  ( 不眠解消サプリはこちら