不眠症の原因と対策方法

 

不眠症の原因と対策方法へようこそ。
当サイトでは、寝れない要因とともに、多くの改善方法を提示しています。

もとより不眠症の解消法は、人により効果があったり、あまり効き目がなかったりします。しかし、もちろんほとんどの人に有効な対策方法もあります。太陽の光を利用したり、運動を取り入れたり、夕食の量や時間帯に気をつける、昼はできるだけ活動して疲労するといった、誰にでも共通する安眠対策をベースに、いろいろな不眠対策を試してみるといいでしょう。

不眠症の原因追求は、眠れないと感じたとき、まず始めにやるべきことです。
悩みやストレスなのか。体の痛みなのか。何か重大な病気が潜んでいるのか。睡眠時無呼吸症候群なのか、などです。それによって対応も違ってきます。

現代人の場合、不眠症の原因として、ストレスと睡眠相の後退がとくに多いのではないかと考えられます。

ストレスが原因

現代はストレス社会です。最近は、さらに「リストラされはしないか?」という不安が加わって、より深刻な様相を見せています。脳がストレスを感じると、視床下部がそれをキャッチし、交感神経を通して全身に指令を送ります。血圧や体温、血糖値、心拍数を上昇させるわけです。こうなると当然、寝付きにくくなります。

ストレスがある場合は、寝る2時間前に有酸素運動で発散したり、友人・知人に相談するなど、寝るまでにストレスを少なくすることが基本です。それでもなお、ストレスがある場合は、紙に箇条書きにしてみたり、安眠CDやアロマなどの快眠グッズを使うといいでしょう。そのほか腹式呼吸法でリラックスしたり、大自然を想像したりする安眠方法もあります。

体内リズムのズレが原因

不眠症の原因として、睡眠層の後退も影響しています。
睡眠相の後退とは、かんたんに言えば、夜更かしによる体内リズムの後退です。現代は夜型社会といわれるように、夜中でも営業している店が増えています。また、そこにインターネットが加わり、夜でも自宅にいながらにして買い物ができるようになりました。そのため地球の自転リズムとずれてしまい、夜更かし、朝寝坊が増えているのです。こうした夜型になれば、早く寝付けないのは当然ですよね?

夜型の生活で、なんら不自由しないのなら、別に変える必要はないでしょう。
しかし、社会生活と合わなくて悩んでいるとしたら、その解決法は「太陽の光」です。朝9時くらいまでの朝日を浴びると、体内時計がその地の自転周期に合致するようになります。これは時差ぼけの対策法でもあります。大自然と一緒のリズムになるのですから、健康を増進する効果が期待できます。

そのほかに考えられる不眠症の原因

不眠症の原因としては、以上のように、ストレスや体内リズムのずれが大半だと思います。しかし、もちろんそのほかにも不眠の原因となるものはあります。

たとえば頭痛がする、歯や腰などが痛い。関節痛がする。あるいは咳が止まらず眠れない。アトピーでかゆくて眠れない。眼精疲労で目が痛む、などなど。人は体に異常があっても、交感神経が優位になり、眠りたいのに眠れないということになるのです。この場合は、寝苦しい原因が体の不調にあるのですから、そちらの治療を優先させる必要があります。

そのほか不眠症の原因として、日常のちょっとしたことが影響していることがあります。寝る前にカフェインを摂ってしまった、夕食を食べ過ぎた、寝る前に激しい運動や熱い風呂に入ってしまった、などですね。このケースでは、正しい知識を身につけることによって、同じ間違いはしないようになります。

睡眠環境も大事です。室内の温度や湿度が寝れない原因となったりします。
熱帯夜は熱くて寝付けないことが多いですよね?あるいは柔らかすぎる敷布団、重すぎる掛け布団、頚椎にフィットしない枕も、熟睡できない原因となります。

不眠症の原因は、そのほか精神生理性不眠や神経症、うつ病、統合失調症などの精神的なものから来るタイプがあります。こちらは、病院の心療内科や精神神経科などを受診しましょう。なかには「心臓の疾患」、認知症やパーキンソン病などの「脳の病気」によって寝付きが悪いということもありますので、注意が必要です。

当サイトが、不眠症の原因を示すことによって、皆様の安眠対策の一助になれば幸いです。

不眠症の原因と解決法が書かれています↓
>> 不眠症で悩まずにぐっすりと眠る方法

  ( 不眠解消サプリはこちら